• TOP
  • 相続と土地等の不動産

相続と土地等の不動産

3I4A38650001.png  
相続の紛争において、問題になりやすいことの一つが不動産に関してです。

特に不動産の評価
が問題になることが多いと言えます。

遺産分割における不動産の評価は、原則として
で評価することになります。問題になりやすいのは、この「時価」がいくらなのかがハッキリしない、という点にあります。時価評価以外の評価方法には、固定資産評価や、路線価などがあります。

争いになるのは、当該不動産を取得しようとする人は低く評価するし、不動産よりも預金等がほしい人は不動産を高く評価しようとするからです。

このような場合、実務では、相続人がそれぞれ数社の不動産業者の見積もりをもらって、平均値あたりで価格合意ができないかを協議したり、不動産鑑定士に評価を依頼することがあります。それでも評価額に合意できない場合等には、裁判所の選任した不動産鑑定士(鑑定人)に鑑定してもらうこともあります。

更に、借地権がある土地をいくらで評価するか、などになると更に問題は複雑になります。
相続人の一人がその土地に建物を借地権で建てた場合や、相続人の会社が、その土地に借地権を設定して建物を建てた場合、借地権減価を認めるかどうかという問題が出てきます。

当事務所では、このような複雑な不動産問題が絡む相続についても、専門家と協力して、解決してまいります。


不動産の相続につきましては、群馬の弁護士にお気軽にご相談ください。

アクセスマップ

群馬の山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

弁護士紹介 ●事務所紹介 ●サービスと費用 ●各士業の役割の違い