• TOP
  • お客様の声

お客様の声

ここでは、当事務所でいままでお手伝いさせていただいたお客様からの感謝の声を掲載いたします。

前橋市在住Yさん

父親が亡くなり父親の預金を引き出そうとしたところ、相続人全員の署名と判子がないと引き出せないと言われてしまいました。
ところが、兄弟の中には数年前に喧嘩をしてどこに住んでいるかわからない兄弟がいました
その兄弟の居所がわかったので連絡をとろうとしましたが、一切連絡しないでくれと言われてしまい話ができませんでした。
そのことを銀行に話ましたが、銀行はあくまでも兄弟全員の署名と判子が必要と言って聞き入れてくれませんでした。
そこで、弁護士さんにお願いして銀行に話してもらいましたがそれでも銀行は拒絶したので、弁護士さんが銀行を相手に裁判を起こしてくれることになり、裁判の結果お金が支払われることになりました。
大変でしたが無事預金が支払われました。ありがとうございました。

高崎市在住Mさん

昨年母親が亡くなりましたが、母親は生前に遺言書を書いてすべての遺産をある団体に寄付してしまいました。
それを知った私はどうすればいいのか分からず、まずは弁護士さんに相談しました。
弁護士さんの話では、1年以内であれば「遺留分減殺請求権」という権利があるとのことでしたので通知を出してもらいました。
おまけに寄付を受けた団体と交渉をしてもらい、お金をいくらか相続することができました。
また、弁護士さんが税理士さんや税務署に問い合わせをしていただき、私の相続した財産には相続税がかからないと聞いて安心しました。
ありがとうございました。

太田市在住Aさん

父親が亡くなり、家を継いだ長男に相続の話をしに行きましたがきちんとお話ができないまま、相続に関する話を拒否されてしまいました。
そこでホームページを見て、弁護士さんに相談に乗ってもらい、家庭裁判所に調停を申し立てることになりました
そうしているうちに、長男も弁護士をつけてきたために調停は5回くらいで済ませることができ、無事相続ができるようになりました。

安中市在住Wさん

娘のように育ててもらい、大きくなってから私が面倒を見ている仲の良いお婆さんが近所に住んでいました。
その方は、「私に全財産をあげてもいい」と言ってくれましたが、そのままもらってしまっても良いものなのかが分からず、不安なので弁護士さんに相談に行きました。
弁護士さんの説明では、遺言書を書いても、子供が居る場合に遺留分減殺請求権を行使されたら、ある程度遺産をその方に上げなければならないと説明を受けました。
どちらにしても必要な手続きであることを教えていただけたので、すぐに戸籍を取り寄せてもらい調べました。
すると、お婆さんには兄弟はいるものの子供や親はおらず、遺留分減殺請求権を行使する人がいないことがわかりましたので、弁護士さんに頼んで、お婆さんはすべての遺産を私に譲るとの遺言書を公証役場で作ってくもらいました
その後、私が養女になるとお婆さんはとても喜んでくれました。
今年、お婆さんは亡くなりましたが、もう一度私は弁護士さんに頼んで預金の引き出しや家や土地の登記手続きをしてもらいました。
相続財産額が多かったため、税理士さんも紹介していただきました。
ありがとうございました。

高崎市在住Kさん

3年前に故郷の父親が亡くなりましたが、突然銀行から父が借りていた事業資金を返済するようにとの通知が届きました
突然のことで慌てましたが、弁護士さんに相談したら、3年経っていても通知から3か月以内に相続放棄をすれば大丈夫だとのことでしたので、弁護士さんに相続放棄の手続きを依頼しました。
裁判所への申立てや、裁判所から来た照会書に何をどう書けばいいのかなど裁判所とのやりとりは弁護士さんがすべてやってくれて丁寧におしえていただきました。銀行に対する対処も弁護士さんがやっていただき、安心できました。


相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

弁護士紹介 ●事務所紹介 ●サービスと費用 ●各士業の役割の違い

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg