相続Q&A4

 

 

相続Q&Aへ>>    相続Q&A2へ>>    相続Q&A3へ>>    相続Q&A5へ>>    

相続Q&A6へ>>

 

 

Q.不倫関係にある者に財産を与えることを内容とする遺言の効力を否定することは出来ますか?

 

Q.自筆証書遺言と公正証書遺言は何が違うのですか?

 

Q.自筆証書遺言と公正証書遺言、法的に強いのはどちらですか?

 

Q.遺言に家族へのメッセージをいれてはダメですか?

 

Q.妻が受取人の生命保険金も遺産分割対象になりますか?

 

Q.相続開始後に遺産である土地や建物から生じる賃料収入は遺産に含まれますか?

 

Q.相続人が海外にいる場合には、分割協議はどうする?

 

Q.高齢の父が遺言書を作成した後に、認知症になってしまいました。認知症になる前に作成された遺言書は無効となってしまうのですか?

 

Q.私の母の再婚相手が亡くなりました。私は、母と前夫との間の子です。私は、母の再婚相手の相続人なのでしょうか?

 

Q.被相続人名義の不動産を調査する方法を教えてください。

 

Q.死亡した父が保証人になっていたが、その立場も相続する?

 

Q.家業を継ぐ長男に多めに相続させたいがどんな方法がある?

 

Q.全ての財産を家業を継ぐ相続人に引き継がせることはできますか?

 

Q.保険受取人が先に死亡していたときに相続は?

 

Q遺産分割により取得した建物の基礎工事に欠陥があったことが、遺産分割の後判明しました。他の相続人に何らかの請求をすることはできますか?

 

Q.被相続人が生前経営していた店に在庫として保管されていた商品は相続財産になりますか?

 

Q.「のれん」も相続の対象ですか?

 

Q.内縁の妻に内縁の夫婦で建てた家の権利はないか?

 

Q.私の母は私が幼いときに亡くなり、その後、私の父は別の女性と再婚しました。この度、父の再婚相手が亡くなりましたが、私は父の再婚相手の相続人となるのですか?

 

Q.私には、子供が二人います。一人目は当時交際していた男性との間に出来た子供でその男性とは結局結婚しませんでした(子供はその男性から認知もされていません)。二人目は、別の男性と結婚した後、その男性との間に出来た子供です。この場合、私や、私の夫が死亡した場合の相続関係はどうなるのですか。

 

Q.遺言書の中で息子に相続させることにしていた土地について、遺言書を作成した後、とても良い条件での購入を希望する人が現れ、その人にその土地を売りたいと考えています。このような場合、遺言書を書き直す必要がありますか?

 

Q.遺言書に有効期限はありますか?

 

Q.自筆証書遺言を作成しようと思っていますが、遺言書に使う用紙の種類や大きさに決まりはありますか?また、遺言書は数枚にわたっても問題ありませんか?

 

Q.個人商店を引き継いでくれる子供に、事業のための資産として多めに財産を引き継がせたいと思いますが、何か気を付けるべき点はありますか。

 

Q.遺留分の支払いは、必ず現金払いになりますか?

 

Q.私は、現在、次男夫婦と同居していますが、次男の嫁には身の周りのことをしてもらうなど普段から世話になっています。そのため、感謝の気持ちを込めて次男だけではなく、次男の嫁にもある程度の財産を遺してやりたいと思っているのですが、どうしたら良いでしょうか。

 

Q.養育費支払中の元夫が亡くなりました。元夫の再婚相手に養育費の支払いを請求できますか?

 

Q.生前に相続について家族と話し合うのはダメですか?

 

Q.私は、夫と一緒に賃貸マンションで暮らしていましたが、この度、夫が亡くなりました。賃貸マンションの借り主は亡くなった夫になっていたのですが、私は、夫が亡くなったことによりこのマンションから出て行かなければならないのですか?

 

Q.私は、兄と一緒に飲食店をやっていました。しかし、先日、その兄が交通事故に遭い、亡くなりました。飲食店の店舗や敷地は全て兄の所有でした。私としては、兄と二人でやってきた飲食店を続けていきたいと思いますが、同じ店舗で飲食店を続けていくことはできますか?

 

Q.特別養子縁組は配偶者のない者でも養親になれますか?

 

Q.婿養子とはどのような状態のことを言うのですか?

 

Q.嫁の実家に婿養子に入った場合、相続はどうなるのでしょうか?

 

Q.亡くなった父は、資産家で、現金や預貯金、不動産の他に、多数の株式を保有していました。 遺産分割にあたって、株式をどのように取り扱ったらよいでしょうか?

 

Q.私の父が先日なくなりました。父は、全財産をある団体に寄付するという内容の遺言書を作成していました。この場合、相続はどうなりますか?

 

Q.先日、父が亡くなりました。相続人は、母と、私を含めて3人の子供です。父は自営業をしており、私を含めた3人の子供のうちの長男(私の兄)が父の事業を引き継ぐことになり、事業用を含めた父の財産の全てを、事業を引き継ぐ兄が相続するということで話がつきました。また、父は事業の関係で銀行から借り入れをしていましたが、それについても、事業を引き継ぐ兄が全て返済するということで相続人間で話がつきました。もし、事業を引き継いだ兄が銀行への返済を出来なくなったら、私が銀行から返済を求められることになるのでしょうか?

 

Q.先日、夫が亡くなりまして、夫の書斎を整理していたところ、夫が書いた遺言書が見つかりました。その遺言書には、初めて聞く名前の女性に預金等の財産を渡すという内容が含まれていました。調べたところ、夫は、その女性と10年以上にもわたり浮気していたようでした。このように不倫の関係にある女性に対して財産を渡すことを内容とする遺言も有効なのですか?

 

Q.相続分の指定を第三者に頼んでも良い?

 

Q.養子縁組の離縁とは何ですか?

 

Q.養子縁組の離縁について

 

Q.養子縁組をした場合の相続について教えて下さい。

 

Q.被相続人とどのような関係にある人までが相続人となるのでしょうか?

 

Q.遺産を相続する際に期限は決められているのでしょうか?

 

Q.遺産はどのように分割したら良いのでしょうか?

 


Q.相続人になる順番はどのように決められているのでしょうか?

 

Q.養子は相続人になれるのでしょうか?

 

Q.相続の際に親族同士でもめた場合どうなるのでしょうか?

 

Q.相続でもめないようにするための対策などはあるのでしょうか?

 

Q.遺言を作成しておくメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

 

Q.遺言書は何回も書き直しをしても良いのでしょうか?

 

 

相続Q&Aへ>>    相続Q&A2へ>>    相続Q&A3へ>>    相続Q&A5へ>>    

相続Q&A6へ>>

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg