夫が急死。夫の兄弟が相続財産の取り分を要求?

 
A. お子さんのいない家庭の場合、どうしても、このような問題が発生しがちです。

それまで疎遠だった親戚や被相続人の兄弟が、突然、今までもずっと親しかったかのようにして近づいてきて、相続財産の取り分を要求するのです。

まず民法の規定を見てみましょう。
相続人が妻と子供であれば、妻が2分の1、子供が2分の1です。
子供も孫もいなければ、妻が3分の2、夫の両親(直系尊属)3分の1となります。
子供も孫も親もいなければ、妻が4分の3、兄弟姉妹が4分の1となります。

特に故人が働き盛りであった場合には、遺された妻と子供は今後の生活が不安となります。
今後のために、少しでも多くの蓄えをと考えるのはもっともな事だと思います。

故人にとっては兄弟ですから、少しは財産を分け与えるべきだと言う人もいらっしゃるかもしれませんが、一般に、それよりも優先されるべきは、故人の妻と子や親でしょう。

このような事例に対処するには、「遺言状」を早い時点で書いてもらうことです。
たとえば、『全財産を妻1人に相続させるものとする』という内容の遺言も可能です。
このような内容の遺言書があれば、夫の兄弟姉妹には遺留分が法律上認められないので、減殺請求権を行使されることもないのです。

なお、遺留分が認められているのは、配偶者、被相続人の子、その代襲者、そして直系尊属です。

 

さらに詳しくしたい方はこちら

遺産分割に関して 遺留分に関して 遺言書に関して



アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png