特別受益者とは何ですか?


A. 亡くなった方から生前贈与や遺贈を受けた者を特別受益者といいます。

例をあげると、
「結婚のための費用を親に出してもらった」、「会社の設立資金を出してもらった」、「大学の学費を出してもらった」、「家を建てるための資金援助をしてもらった」、「遺言によって相続分とは別に相続人が遺贈を受けた」、などが特別受益に当たります。

相続人が複数いて、故人から生前贈与を受けている人と、受けていなかった人がいる場合、生前贈与を考慮せずに遺産分割を行ったとしたら、公平な結果にはならないと多くの人は思うでしょう。
そこで、このような場合に、公平な結果とするために、調整する仕組みが特別受益の制度なのです。

民法では、特別受益を受けた者は、法定相続分に従って相続する場合、特別受益分が減額になるものと定められています。

父親が死亡し、母と兄弟3人が残ったとしましょう。
この場合、通常であれば、父親が亡くなった場合には、2分の1を母親が相続し、残りの2分の1を兄弟で均等に分けるのが通例です。
しかし、ここでは1番上の兄が私立大学の医学部に行かせてもらっていて、2番目の兄は会社設立を援助してもらっています。
父親から生前贈与を受けた特別受益者がいた場合には、その贈与された金額を加えて相続財産となります。特別受益者はその贈与分を引いたものが相続分となるのです。

計算方法は次のとおりです。相続財産が5000万円、大学の費用が1000万円、会社設立支援が600万円とします。  
この場合の相続財産は総額で6600万円となります。そこから計算すると、母親の相続分は3300万円(6600万円÷2)、長男の相続分は100万円(3300万円÷3-1000万円)、次男の相続分は500万円(3300万円÷3-600万円)、三男の相続分は1100万円(3300万円÷3、生前贈与なし)となります。

特別受益についてさらに詳しく知りたい方はこちら


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png