代襲相続とは何ですか?


A 代襲相続とは、本来相続人となるべき者が、相続開始前に死亡したり、相続欠格・相続廃除によって相続権を失ったりした場合に、その者の子が代わって相続する制度のことです(民法887条2項本文・889条2項)。

例を挙げてみましょう。

祖母が亡くなったとします。

祖父は既に亡くなっており、祖母には母親しか子供がおらず、その母も祖母より先に亡くなっているという状態を考えてみてください。

この場合には、あなたが母親に代わって祖母の相続人となるのです。

このような場合が「代襲相続」となる例なのです。

今回の場合では、被相続人(祖母)の子(母)が、相続の開始以前に死亡したことを原因として相続権を失ったため、その者(母)の子(あなた)が代襲して、相続人となります。

代襲者には、原則として、被相続人の法定相続人の子がなります。

このケースでは、被相続人の孫ということになります。

相続人が、配偶者と被相続人の兄弟姉妹である場合において、被相続人の兄弟姉妹が亡くなっていた場合には、その者の子である甥、姪が代襲相続します。

なお、直系卑属(直系の自分より下の世代の者をいい、子、孫、曾孫・・・のことです)であれば、原則として、代襲相続は、子、孫、曾孫・・・と順に相続権が移行していきます。

他方、被相続人の直系卑属でない兄弟姉妹が相続する場合には、甥・姪までで代襲相続する権利は打ち切られることになるため、注意が必要です。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png