代襲相続の要件は何ですか?


A. 代襲相続とは、本来相続人となるべき者が、相続開始前に死亡したり、相続欠格・相続廃除によって相続権を失ったりした場合に、その者の子が代わって相続する制度のことです(民法887条2項本文・889条2項)。

  すなわち、代襲相続の要件としては、本来相続人となるべきものが、①相続開始前に死亡、②相続欠格、③相続廃除、のいずれかにあたることが必要となります。

  まず、①相続開始前に死亡、とありますが、相続は被相続人の死亡により開始しますから、相続人が被相続人より先に死亡することが必要となります。
  なお、被相続人と相続人が同時に死亡した場合には、相続人は被相続人を相続しませんから、代襲相続もできません。

  次に、②相続欠格とは、相続欠格事由にあたる場合に、法律上当然に相続人の資格を失うことです(民法891条)。
  相続欠格事由としては、故意に被相続人、先順位、同順位の相続人を死亡させ、または死亡させようとして刑に処せられたこと、詐欺・脅迫により被相続人の遺言作成、取消し、変更をさせたり、妨げたりしたこと、などがあります。

  さらに、③相続廃除とは、相続人に虐待、重大な侮辱、著しい非行があった場合に、被相続人がその相続人に相続させないために家庭裁判所に申立てを行い、その申立てが認められた場合に、当該相続人が相続人としての資格を失うことです(民法892条)。
 
  なお、上記②相続欠格、及び上記③相続廃除は、相続開始前だけでなく、開始後に欠格事由が発生し、または廃除が確定したときにも、相続開始時にさかのぼって、相続資格喪失の効果が生じます。

代襲者は、相続人ですから、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、相続について、単純承認か限定承認または相続放棄をしなければなりません(民法915条)。

ところが、代襲相続は、代襲者にとって身近な相続でないことが多いため、自分が相続人となることを知らず、相続の準備ができなかったという状況も考えられるので注意が必要です。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png