• TOP
  • 相続Q&A
  • 「相続欠格」とはいったい何ですか?

「相続欠格」とはいったい何ですか?


A. 本来相続人に該当する者でも、素行や犯罪歴などで相続人としてふさわしくないと思われる事由がある場合には、法律上、相続権を剥奪され、相続人とならないことがあります。  
これを「相続欠格」といいます(民法891条)。

民法では、次の者について、相続人になれないとしています。

①故意に被相続人又は相続について先順位若しくは同順位にある者を死亡するに至らせ、又は至らせようとしたために、刑に処せられた者(民法891条1項1号)。

②被相続人の殺害されたことを知って、これを告発せず、又は告訴しなかった者。
ただし、その者に是非の弁別がないとき、又は殺害者が自己の配偶者若しくは直系血族であったときは、この限りでない(同条同項2号)。

③詐欺又は強迫によって、被相続人が相続に関する遺言をし、撤回し、取り消し、又は変更することを妨げた者(同条同項3号)。

④詐欺又は強迫によって、被相続人に相続に関する遺言をさせ、撤回させ、取り消させ、又は変更させた者(同条同項4号)。

⑤相続に関する被相続人の遺言書を偽造し、変造し、破棄し、又は隠匿した者(同条同項5号)。

たとえば、もしも相続人が、①の殺人行為に及んだのであれば、民法891条1項1号に照らして、相続人としてふさわしくないという理由で欠格者になります。

ただ、ここで注意すべき点は、相続人の行為が、故意ではなく過失であり、過失致死罪にとどまるのなら、欠格事由には該当しないということです。
また、傷害致死罪の場合でも、殺人の故意はないため、やはり欠格事由には該当しません。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png