• TOP
  • 相続Q&A
  • 廃除された者も、特別の寄与があれば相続できますか?

廃除された者も、特別の寄与があれば相続できますか?


相続はできません。

廃除とは、遺留分を有する推定相続人が、被相続人に対して虐待をし、若しくはこれに重大な侮辱を加えたとき、又は推定相続人にその他の著しい非行があったときは、被相続人は、その者を推定相続人から除外することを家庭裁判所に請求できるという制度です(民法892条)。

廃除が認められれば、その被相続人に対しては、一切の相続を受けることができません。

寄与分とは、特定の相続人が病気になった被相続人を介抱したり、身の回りの世話をする療養看護などにより、被相続人の財産が維持されたり、商売を手伝ったりして財産が減少するのを防いだりした場合に認められる功労勲章のようなものです。

被相続人から廃除された者は、相続人としての地位を剥奪されているので、たとえ当該被相続人の財産の維持または増加について特別の寄与をしたとしても、当該被相続人に対しては、寄与分の取得の対象者とはなり得ないのです。

もちろん、廃除の対象は、当該被相続人に対してだけなので、当該被相続人以外の人の相続については、その人に対して寄与分と認められるものがあるならば、当然寄与分として相続が受取れる可能性はあります。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png