• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続開始前でも、相続の放棄をすることができますか?

相続の開始前でも、相続の放棄をすることができますか?


推定相続人は、相続開始(被相続人の死亡)前に相続の放棄をすることはできません。

相続開始後、相続人は相続の承認、限定承認、相続の放棄のいずれかを選択することになります。
その選択は、相続の開始があったことを知った時から3箇月以内にすることになっています(民法915条1項本文)。

この期間を、熟慮期間といいます。
なお、この熟慮期間は、利害関係人又は検察官の請求によって、家庭裁判所において伸長することが可能です(民法915条1項但書)。

では、何故、相続開始より前に相続の放棄をすることは認められていないのでしょうか。理由は2つあります。

1つは、相続開始前の場合、実際の相続財産がどの程度のものか分からないため、相続人が適切な判断ができないからです。

もう1つの理由は、他の推定相続人に放棄を迫られて、放棄させられる等、自由な意思による放棄が妨げられるおそれがあるからです。

相続は決してプラスとなるものばかりでなく、相続人は、借金などの大きなマイナスを背負い込む可能性もあります。
しかし、プラスとマイナス、総体的にみて相続をどう選択するのかを決めるべきで、内容を確認する前から放棄と決めてしまうべきではない、ということです。

相続が開始し、相続財産の内容を把握してから、熟考する、ということです。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png