内縁の妻は相続できませんか?


被相続人が死亡した場合、相続人の中で最も相続分の割合が大きいのは、配偶者です。

配偶者とは、法律上の(婚姻届を出している)夫・妻のことです。

配偶者として、相続人となるためには、法律上の婚姻関係にある必要がありますから、配偶者と事実上同様の地位にいても、内縁配偶者(婚姻届を提出していないものの夫婦と同様の生活実態を有する者)には相続権がありません。

なお、相続人が1人もいないような場合には、内縁配偶者であっても、特別緑故者として、例外的に財産の全部または1部を受け取ることができる場合もあります。

特別縁故者には、被相続人と生計を同じくしていた人や療養看護に努めていた人などが該当します。

内縁配偶者として、被相続人に長年連れ添い、その最後まで面倒をみてきた人ならば、特別縁故者に該当する可能性は高いでしょう。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png