胎児は、相続できますか?


「胎児は、相続については、既に生まれたものとみなす。」
(民法886条1項)と規定されていますので、相続できます。

胎児とは、母体から出生前の子供のことをいいます。

胎児は、未だ生まれていないわけですから、法律上は未だ人として取り扱うことができず、権利の主体になれないのが原則です。

しかし、相続に関しては、既に生まれたものとみなされ、相続権があることになっています。

その理由は、まず、胎児は出産によって人となる確率が非常に高い存在ですので、法律上も胎児の時点から潜在的な相続人資格を有していると扱うべきだからです。

次に、出生の前後で相続権の区別を設けるとすれば、僅かな時間差で相続権を有する新生児と、そうでない胎児を区別することになり、不合理な差別を招くことになりかねないからです。

ただし、胎児が死亡して生まれた場合には、もともと相続しないものと扱われます(民法886条2項)。

  また、胎児には代襲相続権も認められ、例えば、胎児の父親がその親(祖父母)より先に死亡しているときは、胎児は父を代襲することができ、祖父母の相続人となります(民法886条1項、887条2項)。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png