• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続の話し合いが、まとまらない場合はどうなりますか?

相続の話し合いが、まとまらない場合はどうなりますか?


遺産分割は基本的に、法定相続人全員が参加し、話し合いによって決める「遺産分割協議」で行うこととなっています。

どうしても話し合いがまとまらず、相続人達の手に負えなくなったときは、家庭裁判所における遺産分割調停・遺産分割審判により遺産分割をすることになります。

まず、「遺産分割調停」という手続きがとられます。

  遺産分割調停では、調停委員が間に入り、第三者として客観的な意見と、妥当な遺産分割案を提案し、調停によって、話し合いがまとまれば、「調停調書」を作成し調停成立となります。

  調停調書は確定判決と同じ効力を持ち、これに基づいて遺産の分割が行われます。

次に、調停でもまとまらない場合には、家庭裁判所の「遺産分割の審判」という手続きがとられます。

審判では、裁判官が各相続人の主張を受け、職権で証拠調べを行い、相続財産の種類や性質、各相続人の生活事情などを考慮した上で、相続分に応じた妥当な分割方法を定め、審判を下すことになります。

  審判には法的強制力がありますから、その内容に従って、遺産の分割を行います。

審判の内容に不服がある場合、審判の告知を受けた日の翌日から起算して2週間以内に、高等裁判所に対して、即時抗告の申立てを行います。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png