• TOP
  • 相続Q&A
  • 被相続人・相続人とはどのような人ですか?

被相続人・相続人とはどのような人ですか?


A  簡単に言うと、被相続人とは亡くなった人のこと、相続人とは、相続をする人(被相続人の遺した財産を引継ぐ人)です。


民法上、相続人の要件を満たすのはどういう人かを確認してみましょう。

まず、被相続人の配偶者(法律上の婚姻関係にある夫・妻)は、常に相続人となります(民法890条)。

しかし、被相続人と事実婚で、内縁の夫・妻の場合には、相続人にはなれません。

被相続人の元の夫・妻も相続人にはなれません。

次に、配偶者以外の人は、次の順序で配偶者と一緒に相続人となります(民法886条乃至889条)。

第1順位 死亡した人の子供
第2順位 死亡した人の直系尊属(父母や祖父母など)
第3順位 死亡した人の兄弟姉妹

  後順位の相続人は、先順位の相続人がいない場合に、相続人となります。

「子供」の場合、その方が既に死亡している場合には被相続人の孫、さらにその孫が死亡している場合の被相続人の曾孫が相続人となります(民法887条2項及び3項)。
これを代襲相続と呼んでいます。

「直系尊属」の場合、死亡した人により近い世代である父母の方を優先します(889条1項1号)。

「兄弟姉妹」の場合、その兄弟姉妹が死亡している場合の被相続人の甥姪が含まれ、その先の代襲相続はなく、ここが代襲相続の限界線となります(889条2項及び887条2項)。


 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png