アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

非嫡出子は相続できませんか?


A 婚姻関係にある男女から生まれた子を、「嫡出子」と言います。
  他方で、婚姻関係にない男女から生まれた子を「非嫡出子」と言います。

嫡出子も、非嫡出子も、相続はできます。

ただし、父親を被相続人とする相続の場合に、非嫡出子が相続人となるためには、父親からの認知が必要となります(民法779条)。

また、非嫡出子の相続分については、民法900条4号ただし書前段において、「嫡出でない子の相続分は、嫡出である子の相続分の二分の一とし」と規定されています。

具体的には、相続人が嫡出子Aと非嫡出子Bの2人だけだった場合の法定相続分は、Aが3分の2、Bが3分の1となります。

この点、嫡出子と非嫡出子の相続分について差を設けるのは、法の下の平等を規定する憲法14条に反し違憲でないかとの議論が生じています。

この問題について、最高裁は、非嫡出子の相続分を嫡出子の相続分の2分の1と定めた民法900条4号ただし書前段の規定が憲法14条1項に違反するものでない、との判断をしています。