アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

遺言のみなし撤回とは何ですか?


遺言は、遺言者の最終意思を法的に反映しようとするものです。


ですから、以下の場合には、遺言者の最終意思を尊重し、遺言を撤回したものとみなす、と規定されています。

①前の遺言が後の遺言と抵触する場合(前の遺言の抵触する部分が撤回したものとみなされます。) (民法1023条1項)

②遺言者が、遺言後に遺言内容と異なる生前処分や法律行為を行った場合(民法1023条2項)

③遺言者が故意に遺言書を破棄した場合(民法1024条前段)

④遺言者が故意に遺贈の目的物を破棄した場合(民法1024条後段)

  ①~④を、「遺言のみなし撤回」と呼んでいます。

 撤回とは、特段の理由なく、撤回者の一方的な意思によって、法律行為をなかった状態に戻すことをいいますから、①~④の場合には、当該遺言はなかったとみなされるわけです。

また、遺言者は、いつでも遺言の方式に従って、その遺言の全部又は一部を撤回することができます(民法1022条)。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg