アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

指定相続分とは何ですか?


A 被相続人は遺言で、相続人の相続分を定め、または相続分を定めることを第三者に委託することができます(民法902条1項)。


このような方法で決められる相続分を指定相続分と呼びます。

相続分の指定や指定の委託は必ず遺言によらなければならず、それ以外の生前行為で行うことは認められません。

  指定相続分は、民法が定める各相続人の相続分である法定
 相続分(民法900条)に優先します(民法902条1項)。                   

  なお、指定は相続財産を1として各共同相続人についてそれぞれ何分の1と指定するのが普通です。 

このような分数的割合のみならず、誰々には何々を与えるという指定も可能ですが、その場合、相続分の指定であるのか特定遺贈なのか、あるいは遺産分割方法の指定なのか、遺言者の意思解釈の問題として、それぞれの事情に応じて判断することとなります。

遺言による相続分の指定については、遺留分に関する規定に違反することができない、と規定されています(民法902条1項ただし書き)。

もっとも、遺留分に反する相続分の指定がなされた場合でも、当然に指定が無効となるのではなく、遺留分権利者が減殺請求を行うことによって、事後的に遺留分に反する一部の指定の効力が覆ることになります(民法1031条)。