• TOP
  • 相続Q&A
  • 夫婦では遺言書は一枚で良いですか?


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

夫婦では遺言書は一枚で良いですか?

A 遺言書を2人以上の者が同一の証書ですること(共同遺言)はできません(民法975条)。

 遺言というのは本来、個人的なものです。
 秘密証書遺言の制度(民法970条)もあるくらいで、本人の真意が大切です。

 仲の良い夫婦が一緒に遺言をするというのは、微笑ましい感じもしますが、夫婦といえども相手の意思に拘束されて不本意な遺言をしてしまうこともあり得ます。

 それに、遺言はいつでも撤回できる(民法1022条)ものですから、共同遺言の場合には、1人1人が自由に撤回できないと困りますし、1人が勝手に撤回しても問題となります。

 これらの理由で、共同遺言は禁止されているのです。

 したがって、共同遺言は作成しても無効になります。

 仲の良い夫婦だったから有効、というわけにはいかないのです。
 

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg