• TOP
  • 相続Q&A
  • 一次相続・二次相続について教えてくたざい。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png

一次相続・二次相続について教えてください。

A  例えば、両親のうち父が亡くなり、母と子供達が相続した時が一次相続、その後母が亡くなり子供達が相続した時を二次相続と言います。

 通常は、財産の世代移転が完了するには この一次相続・二次相続の両方を経験しなくてはならないのです。

 では、一次相続と二次相続で遺産分割が揉めやすいのはどちらでしょうか?

 これは圧倒的に二次相続の方がもめるリスクが高いようです。

 原因は、二つあります。

 1つ目は、一次相続で仮にお父さんがなくなられた場合、「かすがい」となるお母さんがいるため、相続人もお母さんの手前あまり強い自己主張はせず、お母さんの意思を尊重してくれるケースが多いからです。

 ところが、二次相続の場合には、その「かすがい」であるお母さんも亡くなられているため、兄弟は完全に対等な関係になり、調整役がいないことになります。

 そのため、「別にこれを機会に兄弟の縁を切ってもかまわない」と言う強い姿勢で自己主張をしてくる場合が多いのです。
 2つ目の理由は、一次相続の方が二次相続よりもバランスをとることができるような財産が多いということです。

 これは、一次相続では分けにくい自宅の他に現預金などの財産があり、「母は自宅、それ以外の人は現預金を相続する」という遺産分割で相続人のバランスをとることができる例が多いのです。

 しかし、二次相続時には「既にそれらの現預金は分け与えてしまい、分けにくい自宅だけが残る」言う場合が多くなりがちです。
そのため二次相続の方が一次相続よりももめるケースが多いということです。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg