• TOP
  • 相続Q&A
  • 「半血兄弟(姉妹)」と相続について教えてください。

「半血兄弟(姉妹)」と相続について教えてください。

 

 

A.  半血兄弟(姉妹)とは、父母どちらか一方のみを同じくする兄弟(異母兄弟・異父兄弟)のことです。

  たとえば、先夫や先妻の子と後夫や後妻の子の関係です。

 

  また、全血兄弟(姉妹)とは、父母双方を同じくする兄弟姉妹をいいます。

 

半血兄弟(姉妹)の相続順位は全血兄弟と同じですが、相続分は全血兄弟の1/2いうことになります(民法900条4号)

 

具体的には、XYの間に子Aがおり、XYが離婚した後、YZと再婚し、子B及びCが生まれた後、Y及びZが死亡した後、Cが死亡した場合、Cと全血兄弟であるBの相続分と、半血兄弟であるAの相続分の割合は、Bが2/3とすると、Aは半分の1/3となります。

 

具体例のように、Cに配偶者や子供がなく、両親も亡くなっている場合に、この問題が現実に生じることになります。

 

この点、「半血兄弟は相続権がない」と思っている方も多いですが、上に述べましたように、半血兄弟は全血兄弟の2分の1の相続権があるのです。

 

なお、この問題が現実に生じた場合、それまでほとんど交流のないことの多い半血兄弟と全血兄弟が突然会って話し合いをすることになるため、簡単に話がまとまらないことも多いでしょう。

 

詳しくは、弁護士にご相談ください。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png