• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続放棄をすると遺産はどこにいきますか?

相続放棄をすると遺産はどこにいきますか?

A. 相続放棄をすると、相続放棄をした相続人はその相続に関しては、初めから相続人とならなかったものとみなされ(民法939条)、相続放棄をしていない他の相続人がいる場合には、その相続人に権利が移ることになります。

  相続人全員が放棄するなど、相続人が存在しなくなった場合には、遺産はどこへいくのでしょうか。

  そのような場面を想定して、民法は主体と切り離された財産の集団としての「相続財産」を独立に取り出して観念し、相続財産をどのように精算するかという観点から問題を処理しようとしました。

  まず、民法は、相続放棄等により相続人が不存在となった相続財産の管理および精算をするために、死者の財産上の権利義務を承継するものとして、相続財産法人を作り出すこととしました(民法951条)。

  他方で、民法は、相続人のいないことが戸籍の上で明らかであっても、実際には相続人がいるかもしれないという可能性を考慮して、念のために相続人を探索することを要求し、相続人の不存在を確定する手続をふむべきことを定めました(民法958条)。

  この両者、つまり、①相続財産法人を作り出すことと、②相続人不存在を確定するための手続を実行することの上に、相続人不存在制度が成り立っているのです。

そして、相続人がいない場合には、特別縁故者の請求があればその者に遺産の全部または一部が与えられることがありますが(民法958条の3)、そうでない場合は、最終的に、遺産は国庫へ行くことになります(民法959条)。



アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png