• TOP
  • 相続Q&A
  • 認知を受けていない愛人の子に相続権はありますか?

認知を受けていない愛人の子に相続権はありますか?

A  いわゆる愛人の子は、そのままでは、生物学的意味における父との間に法律上の親子関係がないので続権はありません。
しかし、生物学的意味における父が認知すれば、その者と愛人の子の間に法律上の親子関係が認められますので、相続権が発生します。
認知とは、嫡出でない子(非嫡出子)について、親子関係の存在を認める旨を表示をすることをいいます(民法779条)。
認知は、父または子の本籍地もしくは父の所在地のいずれかの市区町村役場に認知届を提出して、おこなうことになります。
もっとも、認知をした場合でも、愛人の子の法定相続分は、法律上の夫婦の間に産まれた子の半分となってしまいます(民法900条)。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png