• TOP
  • 相続Q&A
  • 祭祀財産とは何ですか?どのように相続されますか?

祭祀財産とは何ですか?どのように相続されますか?

A. 祭祀財産とは、 系譜、祭具、墳墓のことです。

「系譜」は代々の家系を書いた家系図のことです。

「祭具」は位牌、仏壇のことです。

「墳墓」とは墓石、墓地のことをいいます。

民法は、祭祀財産を一般の相続財産から切り離して考え、慣習に従い祖先の祭祀を主宰すべき者が承継するとしています(民法897条)。

「祖先の祭祀を主宰すべき者」の決定は、第1に、被相続人が指定した者があれば、その者が祖先の祭祀を主催すべき者となり、第2に、指定がないときは慣習に従い、第3に、慣習が不明なときは家庭裁判所が定めることになります。

祭祀財産は、金銭的価値がある場合でも、相続財産には含まれませんから、相続分や遺留分を考慮するにあたって、その基礎財産とされません。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png