• TOP
  • 相続Q&A
  • 被相続人以外の者も廃除の手続ができますか?

被相続人以外の者も廃除の手続ができますか?

A  相続人の廃除とは、被相続人の意思により、家庭裁判所が推定相続人の相続資格を奪う制度です。

具体的には、被相続人に対する虐待・重大な侮辱、その他の著しい非行があった場合に、被相続人の意思を尊重して、(被相続人に対して虐待・重大な侮辱、その他の著しい非行を行った)推定相続人の相続資格を失わせる制度です(民法892条、893条)。

この制度は、被相続人と推定相続人との間の人的信頼関係を破壊した者に対する民事制裁であるといえます。

そのため、廃除は、被相続人の意思に基づくものである必要があり、その請求権者は被相続人のみとされているのです(民法892条)。

なお、廃除は、被相続人の意思に基づくものですから、いったん廃除が認められたときでも、被相続人があらためて相続資格を回復させてやろうと意図するのであれば、その意思を尊重し、いつでも自由に、廃除の取消を家庭裁判所に請求することができます(民法894条)。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png