• TOP
  • 相続Q&A
  • 「二重資格の相続人」とは、どのような相続人ですか?

「二重資格の相続人」とは、どのような相続人ですか?

A. 祖父母が、税金対策や世襲のために、孫と養子縁組をするというケースは、比較的よく見られます。

  この場合に、養子縁組をしたものは、祖父の養子になりますから、祖父が亡くなった場合には、子としての相続分を有するはずです(民法887条1項)。

  また、子は父の子でもありますから、既に父が亡くなっている場合には、その祖父(父の父)が亡くなった際には、代襲相続人として、父の相続分を代襲することができるように思われます(同条2項)。

  このように相続人の資格が重複している場合(子及び孫としての相続権)、重複した相続分のいずれかが優先するのか、それとも両者を合算したものが子の相続分となるのか、という問題が生じます。

  まず、普通養子(民法809条等)の場合には、結論から言うと、子は「祖父の(養)子としての法定相続分」と、「亡くなった父を代襲相続する孫としての法定相続分」を合わせた相続分を有することになります。

普通養子の場合、養親との親族関係が生じる一方、もとの両親との親族関係も消滅しないため、このように相続分の重複が起こりうるのです。

  なお、特別養子(民法817条の2等)の場合には、法定相続分の重複は生じず、子は「祖父の(養)子としての法定相続分」のみの相続分を有することになります。
  特別養子の場合、もとの両親との親族関係が終了し、新しい養親との親族関係だけが残るためです(民法817条の9)。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png