• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺産分割協議が長引いているので、遺産の中から預貯金だけ分割して、おろしたいのですが可能ですか?

遺産分割協議が長引いているので、遺産の中から預貯金だけ分割して、おろしたいのですが可能ですか?


A. 最高裁(昭和29年4月8日)は預貯金等の金銭債権は、遺産分割協議を待つまでもなく、相続開始とともに当然分割され、各相続人に法定相続分に応じて帰属するとしています

  このように、預金債権は相続開始と同時に分割されるとの理論を推し進めると、預金債権は家庭裁判所の遺産分割手続における分割対象に含まれないことになるはずです。

  しかし、実務では、相続人間において、預金債権を遺産分割手続における分割対象に含める旨の合意が成立すれば、合意に従い、預金債権を分割対象に含めて審理をする取扱をしています。

  このように考えると、相続人間において、預金債権を遺産分割手続における分割対象に含める旨の合意が成立しなければ、相続開始とともに当然分割され、各相続人に法定相続分に応じて帰属することになることになります。

  しかし、金融機関の多くは、相続人全員の署名押印のある遺産分割協議書又は相続人全員が捺印した同意書と各自の印鑑証明書の提出がなければ、払戻に応じない例が多くあります。

  これは、遺言の有無や特別受益の持戻し、寄与分の考慮など具体的相続分が明らかでない段階において法定相続分に従って払戻をすると、銀行が後日相続人間の紛争に巻き込まれるおそれがあるためであるといわれています。

  そのため、遺産の中から預貯金だけ分割し、おろす、ということは、遺産分割協議が長引いている場合には、難しい場合が多いのが実情といえます。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png