• TOP
  • 相続Q&A
  • あるはずの遺言書が見つかりませんが、相続はどうなりますか?

あるはずの遺言書が見つかりませんが、相続はどうなりますか?

A. 公正証書遺言以外の遺言書(自筆証書遺言、秘密証書遺言、死亡危急者などの特別方式の遺言など)の場合、遺言書の紛失は大問題です。

  結局は、遺言書を見つけなければなりません。

  たしかに、遺言書が違法に破棄されたり、隠滅されても無効になるわけではありません。

  遺言書の存在と内容が後日でも立証されればよいのですが、実務上、立証は容易ではないでしょう。
  
  コピーがあり、本物を見たという証人がいたりすれば遺言の存在したこと、およびその有効性を立証できる可能性があります。
  もっとも、その場合も、さらに、遺言者の意思による遺言の破棄(遺言の取消)がないことを立証する必要があるでしょう。
 
  これに対して、公正証書遺言の場合には、公証人が原本が保管されていますから、仮に正本や謄本をなくしても困りません。

  もっとも、どの公証人が、いつ作成したのか、わからないと捜索は難しいでしょう。

  なお、相続権者が遺言書の破棄・隠匿などを犯せば、相続欠格(民法891条5号)に該当し相続権を失います。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png