• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺産分割協議後に未分割の遺産が見つかった場合、分割協議の効力はどうなりますか?

遺産分割協議後に未分割の遺産が見つかった場合、分割協議の効力はどうなりますか?
A. 遺産分割協議後に、まだ未分割の遺産が存することが判明することがあります。

  この場合には、遺産分割協議を無効として全遺産を再分割すべきか、新たに判明した遺産のみを分割すればよいかは問題となります。

  まず、脱漏していた遺産が重要で、当事者がその遺産のあることを知っていたらこのような分割協議はなされなかったであろうと考えられ、全遺産をもって分割をやり直した方が公平の理念に合致すると認められるような場合は、当初の分割協議は錯誤により無効とされ得ます。

  裁判例にも、分割協議の目的とした一部の遺産と残余財産との区別や両者を分離して処理することについての当事者の合意が不十分であれば、そのような協議は無効であるとしているものがあります。

  これに対し、当初の遺産分割協議を無効とするまでの必要性がなく、一部分割の場合の残余財産の分割に準じて、未分割遺産のみを分割すれば足りるとされる場合もあり得ます。

  もっとも、この場合には、遺産全体の総合的配分に齟齬を来さず、未分割遺産の分割によって相続人間の公平が図れるように配慮する必要があるでしょう。

  なお、特別受益の持戻しや寄与分についても、当初の分割協議において、これらがどのように考慮されていたかによって、未分割遺産の分割に際して、これらを考慮すべきか否かが異なり得ます。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png