• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺産分割協議書作成で注意すべきことを教えて下さい

遺産分割協議書作成で注意すべきことを教えて下さい

A. 遺産分割に関して共同相続人間で合意が成立した場合、単に口頭の合意で留めておくことも可能ですが、協議の内容を証明するため、遺産分割協議書を作成しておくのが普通ですし、協議の蒸し返しを防ぐためにも書面を作成しておくべきです。

  遺産分割協議書には共同相続人全員が署名・押印しなければなりません(署名は記名をもって代えることができますが、できるだけ自署によることが望ましいでしょう)。

  全員が集まって一度の機会に作成、署名・押印する方法でも、誰かがあらかじめ案をつくり、持ち回りで他の相続人がそれに署名・押印する方法のいずれでも、相続人全員が記載内容を承認して署名・押印すれば、遺産分割協議は成立します。

  遺産分割協議書を作成する場合に、注意すべきことは次のとおりです。
  ①誰がどの遺産を取得するのかを明記します。
  ②現在判明していない相続財産が今後発見された場合、誰にどう分配するかについても決めておきます。
  ③住所の記載は、住民票や印鑑証明に記載されているとおりに記載します。
  ④捺印は実印でします。これは印鑑証明書と一体となって、合意が本人の意思に基づくものであることの証明となると同時に、登記の際の「相続を証する書面」として使用するために必要なことです。
  ⑤銀行、証券会社などによっては、自社専用の決められた要式の用紙に相続人全員の実印による押印を要求し、一般の遺産分割協議書では預金名義を特定の相続人名義に書き換えることを認めないところがありますから、あらかじめ銀行等に確認し、必要あれば、協議書に対する捺印と同時に、専用書類への押印を済ませられるようにするのがよいでしょう。
  ⑥作成する通数は、各相続人が1通ずつ所持できるよう、相続人の人数と同じ通数を作成するのがよいでしょう。
  ⑦分割協議書が1枚の用紙で足りずに複数になった場合、各用紙の間に全相続人の契印を忘れずにする必要があります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png