• TOP
  • 相続Q&A
  • 代償分割とはどのような分割方法ですか?

代償分割とはどのような分割方法ですか?

A 1人もしくは数人の共同相続人にその者の相続分を越える遺産を現物で取得させ、代わりにその相続人に、相続分に満たない遺産しか取得しない相続人に対する債務(相続分を超える部分に相当する金額の支払債務であることが多いです)を負担させる分割方法です(家事審判規則109条)。
  債務負担による分割方法、価格賠償ともいわれます。

  代償分割は、一部を代償分割の対象とするなど現物分割と併せる方法によって相続人間の調整が容易になり、その実益は大きいといえます。

  代償分割が認められる場合について、家事審判規則109条は、「特別の事情があると認めるとき」に代償分割することができる、と規定されていますが、「特別の事情」についての明文の規定はありません。

  現物分割が、相続人の数や遺産の個数・種類・価格などの関係から著しく困難である場合、現物分割により細分化したのでは遺産の価値(社会的価値も含む)が著しく失われる場合が特別の事情にあたるでしょう。

  典型的な事情としては、農地の相続において農業経営の継続を相当とする場合や特定の相続人が居住利用している土地建物の利用の継続を相当とする場合、あるいは会社経営の安定化のために会社の社員権を特定の相続人に帰属させるなどの場合です。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png