• TOP
  • 相続Q&A
  • 手書きで作成した遺言らしきもののコピーが見つかりましたが、遺言としての効力は認められますか?

手書きで作成した遺言らしきもののコピーが見つかりましたが、遺言としての効力は認められますか  

A. 以前お話したとおり、遺言としての効力が認められるためには、原則として書面の形にしておく必要があり、その中で、公証人が関与するもの(公正証書遺言及び秘密証書遺言)を除くと、遺言をする本人が全て自書(手書き)して遺言を作成する必要があります(自筆証書遺言)。
自筆証書遺言の場合、手書きで作成することが必要ですから、パソコンで作成しても遺言としての効力は認められないことも、以前お話したとおりです。

 また、自筆証書遺言の場合、被相続人が手書きで作成した遺言らしきものコピーが見つかっても、コピー機でコピーして作成された遺言は自書されたものとは言えないため、遺言としての効力は認められないとされています。この場合、遺言として効力が認められる可能性があるのは、コピーではなく原本の方になりますから、何とかして原本を探し出すことが必要になります。
もし、原本が見つからない場合、コピーでは遺言としての効力が認められない以上、法の定めに従って遺産分割を行うということになります。

 考え抜いた末に遺言を残しても、それが発見されなければ、遺言を残したご本人の意思が遺産分割に反映されない結果となってしまいます。遺言書の保管場所を家族に話しておくとか、遺言書の保管場所を工夫するなどして、遺言書が見つからないという事態になるのを避けることが必要でしょう。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png