• TOP
  • 相続Q&A
  • 自筆証書遺言を作成するときに使う印章(印鑑)は実印でなくても構わないのですか?

自筆証書遺言作成するときに使う印章(印鑑)実印でなくてもわないのですか

A. 自筆証書遺言は、遺言者が、遺言の内容、日付及び氏名を自書(手書き)した上、これに押印することによって作成される遺言のことです。

自筆証書遺言が有効とされるために遺言者本人の押印が必要とされているのは、遺言をしたのが本人であること及び遺言が遺言者の真意に基づくものであることを確認するためです。

もっとも、押印に用いる印鑑は、役所に印鑑登録した印鑑(実印)である必要はなく、三文判でも問題ありません。
したがって、自筆証書遺言を作成するときに、実印を使う必要は必ずしもありません。

また、判例の中には、指印でも遺言として効力が否定されることはないとしたものもあります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png