• TOP
  • 相続Q&A
  • 自筆証書遺言の方式で遺言書を作成しましたが、遺言書の中で訂正したい部分があります。この場合、遺言書を作り直さなければなりませんか?

自筆証書遺言の方式で遺言書を作成しましたが、遺言書の中で訂正したい部分があります。この場合、遺言書を作り直さなければなりませんか?

A. 民法は遺言の加除訂正を認めていますので、必ずしも遺言書を作り直す必要はなく、既に作成した遺言書を訂正して済ますことが可能です。

 ただし、民法は、他人による遺言の改ざんを防ぐために、遺言の加除訂正について厳格な方式を定めており、遺言の訂正にあたってはこの方式に従う必要があります。
 具体的には、遺言書の中で訂正したい箇所に印を押し、訂正したい箇所の欄外か遺言書の末尾に、訂正した箇所を指示して訂正した旨を付記して署名する必要があります。

 なお、判例の中には、明らかな誤記を訂正する場合には、民法の定める方式に従わなくとも訂正を有効としたものがあります。しかし、どの程度の訂正であれば、明らかな誤記を訂正する場合にあたるかが必ずしも明確ではありませんので、遺言書を訂正する場合には民法の定める方式に従って訂正するべきでしょう。

以上の通り、遺言を訂正するとなると、このような厳格な方式に従う必要がありますので、訂正箇所が多かったり、まるで違う内容になったりする場合には、初めからすべてを新しく書き直すのが無難であり、逆にその方が早いのかも知れません。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png