• TOP
  • 相続Q&A
  • 自筆証書遺言の作成を家族が手伝っても良いですか?

自筆証書遺言の作成を家族が手伝っても良いですか?

A.自筆証書遺言とは、遺言者が、遺言の全文、日付及び氏名を自書(手書き)し、押印することによってする遺言のことです。

 自筆証書遺言において、遺言の全文等を自書(手書き)しなければならないとされているのは、遺言の偽造や変造を困難にし、遺言が遺言者の真意に基づいてなされたことを担保するためのものです。

そのため、ワープロやタイプライターでの遺言、ビデオやテープレコーダーなどの録音メディアでの遺言、他人の代筆により作成した遺言のいずれも、「自書」の要件を欠き、自筆証書遺言としては無効ということになります。

これに対して、遺言者が一人ではきちんとした文字を書けないため、他の者に添え手をしてもらって遺言書を作成した場合について、他の者に添え手をしてもらったことのみにより直ちに「自書」の要件が否定されるわけではなく、一定の場合には「自書」の要件を充たすとした判例があります。

もっとも、添え手による遺言については、具体的にどのような場合に「自書」の要件を充たすのかが必ずしも明らかではありせんから、他人に添え手をしてもらってした自筆証書遺言が、遺言者の死亡後、「自書」の要件を欠き無効とされることも十分考えられます。

したがいまして、他人の添え手がなければ、手書きによる遺言書の作成が困難という場合には、自筆証書遺言ではなく、公正証書遺言の方式により遺言書を作成することを検討されるのがよいかと思います。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png