• TOP
  • 相続Q&A
  • 被相続人の死亡した半年後に被相続人に借金があったことがわかりました。相続人である私は相続放棄をしたいのですが、できますか?

被相続人の死亡した半年後に被相続人に借金があったことがわかりました。相続人である私は相続放棄をしたいのですが、できますか?

A. 相続放棄については、相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時から、3ヶ月以内に行わなければならないとされています(民法915条1項)。

 そして、「相続人が自己のために相続の開始があったことを知った時」の意義について、判例は、原則として、相続人が相続開始の原因たる事実(被相続人の死亡)及びこれにより自己が法律上相続人となった事実を知った時であるとしています。

したがいまして、多くの場合、被相続人が死亡したことを相続人が知ってから3か月経てば相続放棄はできなくなるということになると思われます。

 しかし、判例は、上記の原則論を述べる一方で、相続人が期間内に相続放棄をしなかったことが、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じたためであり、被相続人の生活状況や、被相続人と相続人の交際状況その他諸般の事情からみて相続財産の有無の調査を期待することが著しく困難であり、被相続人に相続財産が全く存在しないと信じることについて相当の理由があると認められる場合には、相続人が相続財産の存在を認識したときまたは通常これを認識できたときから3か月以内に相続放棄をすればよいとしています。

 このように、今回の質問の場合ですと、以上で述べたような判例の示す一定の要件を満たせば相続放棄は可能ですが、原則としては、相続放棄ができないということになっています。

 今回の質問のような事態を避けるためにも、被相続人が亡くなられたのを知った時点で、被相続人の資産及び負債の有無について早めに調査することが重要です。

 なお、相続放棄は、家庭裁判所に相続放棄の申述をすることによって行う必要がある点にも注意が必要です。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png