• TOP
  • 相続Q&A
  • いったんしてしまった相続放棄の意思表示を撤回することはできますか?

いったんしてしまった相続放棄の意思表示を撤回することはできますか?

A..相続放棄は、遺産を相続することで自分にとって大きなマイナスになると判断した場合であって、一定の要件をみたしているのであれば、遺産を相続しないということを選択できるというものです。

相続をするか放棄するかの決定には、3か月間の熟慮期間というものが設定されていて、その間に実際の遺産がどの程度あるのかを調査して、意思を決定するのですが、その決断が難しい場合が多いのです。
放棄をした際には、プラスの財産よりもマイナスの財産の方が多かったものの、放棄をした直後に別の財産が見つかって、結果的には財産はプラスの方が多かったというような例はちょくちょく見られます。
しかし、一度、相続放棄がされれば、3か月間の熟慮期間内であっても相続放棄の撤回は認められていません(民法919条1項)。

もっとも、例えば、相続放棄の意思表示が、詐欺や強迫によってされた場合には、そのことを理由に相続放棄の意思表示を取り消すといったように、一度された相続放棄の意思表示の効力を否定することが可能な場合もあります。

 

アクセスマップ

山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

【対応地域】
高崎市、前橋市、太田市、伊勢崎市、桐生市など、群馬県全域の方、および近県の方について対応しています。
 
【事務所所在地】
〒370-0073 群馬県高崎市緑町1丁目2−2 YKビル1F
<無料駐車場完備>

0_map.jpg
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png