• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺言の内容を確実に実現するためにはどうすればいい?

遺言の内容を確実に実現するためにはどうすればいい?

A. 遺言の中で、自分が信用できる者を遺言執行者に指定しておくことにより、不安は少なくなると思います。
遺言執行者とは、遺言書の内容を具体的に実現する人のことです。

遺言書を作成しても、その内容を実現してもらえるとは限りません。
特に法定相続分と異なる配分を指定した場合や、相続人以外に遺産を与える内容の場合など、相続人が遺言執行に協力してくれるかどうか不安なときは、信頼できる相続人かあるいは弁護士等の専門家を遺言執行者として指定しておくとよいでしょう。

遺言執行者は、遺言書に書かれている内容を具体的に実現するために、相続財産を管理し、相続財産の名義変更などの各種手続を行います。

遺言執行者がいるとき、相続人は遺言執行の対象となる相続財産の処分その他遺言の執行を妨げる行為をすることはできません。
そして、遺言執行者を無視してこれに違反した場合、そこでなされた相続人の処分などの行為は無効とされることになります。

一方、遺言執行者が任務を怠った場合には、利害関係人は家庭裁判所に解任の請求を行うこともできます。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png