• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺言執行者に複数の人を指定しても良いのですか?

遺言執行者に複数の人を指定しても良いのですか?

A. 遺言執行者の人数は複数であっても構いません。

 遺言全体について複数の遺言執行者を選任することはもちろん、遺言が複数の条項からなる場合には遺言条項ごとにそれぞれ一人ずつ遺言執行者を指定することも可能です。

遺言執行者は、遺言書に書かれている内容や趣旨にそって相続財産を管理し、相続財産の名義変更などの遺言の執行に必要な行為を行います。

遺言執行者は、遺言で指定される場合と、家庭裁判所によって選任される場合とがあります。

遺言執行者が一人であれば、その者が遺言の執行を行うことになります。

これに対して、遺言執行者が複数の場合、遺言の執行は遺言執行者の過半数で決定するのが原則です。
ただし、保存行為(財産の現状を維持するための行為で、例えば、時効の中断措置がこれに当たります)に関しては、各遺言執行者が単独で行うことができるとされています。

また、遺言者が遺言の中で各遺言執行者の職務分担を細かく定めていた場合には、遺言執行者は、遺言において定められた職務分担に従い、遺言の執行を行うことになります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png