• TOP
  • 相続Q&A
  • 死亡した父が保証人になっていたが、その立場も相続する?

死亡した父が保証人になっていたが、その立場も相続する?
その「保証」がどのようなものかによって、保証人の地位を引き継ぐか否かが変わります。

どういうことかと言うと、ひと口で保証人と言っても、特定の借入債務についての保証人なのか、継続的な取引から生じる不特定の債務についての保証人なのか、雇用契約における身元保証人なのか、と言った具合に様々な種類のものがあるからです。

 相続人は、被相続人の財産を(債務を含めて)全て相続するのが原則であり、被相続人が保証人であった場合、保証人という地位を相続するのが原則です。したがって、例えば、被相続人が友人の借金の保証人になっていたという場案、相続人が被相続人の負っていた保証債務を引き継ぐのが原則ということになります。

 ただし、被相続人の財産のうち、被相続人の一身に専属したものについては、相続の対象とはならず、相続人はこれを引き継がないとされています。
 そして、継続的な取引から生じる不特定の債務についての保証や雇用契約における身元保証については、人的信頼関係を基礎としていることから、被相続人の一身に属したものとして、相続の対象とはならないとされる余地があります。ただし、相続性が否定された場合でも、それは保証人たる地位の相続が否定されるだけで、被相続人が亡くなった時点ですでに発生していた債務については相続人が引き継がなければならないことになる可能性が高いと考えられます。

 以上を前提に、被相続人から引き継がなければならない債務が大きい場合には、相続放棄という方法を検討されることも必要ではないかと思います。なお、相続放棄については、相続の開始を知った時から3か月以内に行う必要がありますので、この期間を過ぎないように注意が必要です。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png