• TOP
  • 相続Q&A
  • 保険受取人が先に死亡していたときに相続は?

保険受取人が先に死亡していたときに相続は?
概要は以下のとおりです。
私の父親が母親(父にとっての妻)を受取人にして生命保険に加入していたのですが、母親は三年前に死亡し、父親は死亡保険金の受取人を変更しないまま、先日亡くなりました。この場合、二人の子供である私は保険金を受け取ることができますか、という質問です。

結論から申しあげれば、この場合、質問者の方が保険金の受取人になると考えられます。
なぜなら、生命保険金の受取人(今回の場合、質問者の母親)が亡くなったにも拘わらず、保険金の受取人が変更されないまま、生命保険契約の契約者(今回の場合、質問者の父親)が亡くなられた場合、保険金の受取人とされていた者(今回の場合、質問者の母親)の「相続人の全員」が保険金の受取人となるとされており、質問者の方は、保険金の受取人とされていた者の相続人にあたるからです。

なお、質問者の方に兄弟姉妹がいる場合(すなわち、質問者の両親の間に他に子供がいる場合)、これらの方も、保険金の受取人とされていた者の相続人に当たりますので、保険金の受取人ということなります。この場合、保険金の受取人となる者の数に応じて平等の割合で分割された保険金請求権をそれぞれ取得することになります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png