• TOP
  • 相続Q&A
  • 私は、現在、次男夫婦と同居していますが、次男の嫁には身の周りのことをしてもらうなど普段から世話になっています。そのため、感謝の気持ちを込めて次男だけではなく、次男の嫁にもある程度の財産を遺

私は、現在、次男夫婦と同居していますが、次男の嫁には身の周りのことをしてもらうなど普段から世話になっています。そのため、感謝の気持ちを込めて次男だけではなく、次男の嫁にもある程度の財産を遺してやりたいと思っているのですが、どうしたら良いでしょうか。
遺言をすることなく亡くなられた場合、相続は民法の定めに従って行われることになります。
 そして、民法の定めによると、被相続人の子は相続人となりますが、被相続人の子の配偶者は相続人にはなりません(ただし、後述の括弧書きの中で述べるとおり被相続人と養子縁組していた場合は別です)。
 そのため、今回の事案ですと、遺言をすることなく相談者の方が亡くなられた場合、次男のお嫁さんは相談者の財産を相続することは出来ません(ただし、相談者の方と次男のお嫁さんが養子縁組をしていた場合には、次男のお嫁さんも相談者すなわち被相続人の子ということになり、相続人となります)。

 したがって、次男のお嫁さんに財産を遺すためには、相談者の方が生前に何らの措置を講じる必要があります。
 具体的には、長男や次男だけではなく次男のお嫁さんにも相続財産を取得させることを内容とする遺言を作成するという方法や、次男のお嫁さんに一定の財産を生前贈与してしまうという方法などが考えられます。

 ただし、遺言にしても生前贈与にしても、相続人の遺留分(一定の範囲の相続に留保された一定割合の相続財産)を侵害しないように注意が必要です。

 また、生前贈与の方法については、次男のお嫁さんに対する生前贈与が実質的には次男に対する生前贈与と評価されて、相続人に対する相続財産の先渡しと評価され、遺産分割に際して次男の方の相続額が少なくなってしまう可能性がある点にも注意が必要です。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png