• TOP
  • 相続Q&A
  • 私は、夫と一緒に賃貸マンションで暮らしていましたが、この度、夫が亡くなりました。

私は、夫と一緒に賃貸マンションで暮らしていましたが、この度、夫が亡くなりました。
 賃貸マンションの借り主は亡くなった夫になっていたのですが、私は、夫が亡くなったことによりこのマンションから出て行かなければならないのですか?
有償で物(不動産などもふくまれます)の貸し借りを行うことを、法律上、賃貸借と呼びます。

 そして、賃貸借については、賃借人(借り主のことです)が死亡したことによって終了するわけではなく、借り主の相続人らによって相続されることになります。

 したがって、今回のご質問の場合、マンションの賃貸借についての借り主の地位を、相続人が相続することになります。質問者の方は、配偶者として相続人ということになりますから、ほかに相続人がいなければ、質問者の方が単独で、ほかに相続人がいる場合には、その相続人(ら)と質問者の方が共同で、借り主の地位を相続することになります。

このように、今回のご質問の場合ですと、質問者の方は、ご主人が亡くなられたからといって、住んでいるマンションから出て行く必要はありませんが、借り主の地位を引き継ぐということですから、賃料の支払い等、借り主としての義務を果たしていく必要が出てきます。
 
また、契約の当事者が死亡したことで、逆に所有者の方から、契約更改だの、更新料の請求だのを言われたとしても、それに応じる必要は全くないということなのです。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png