• TOP
  • 相続Q&A
  • 特別養子縁組は配偶者のない者でも養親になれますか?

特別養子縁組は配偶者のない者でも養親になれますか?
特別養子縁組の場合、配偶者のない者は養親になることはできません。

 養子縁組には、普通養子縁組と特別養子縁組がありますが、特別養子縁組は養子となる者の福祉をより重視しているため、要件や効果の面で普通養子縁組と異なっている点があります。

 そして、配偶者のない者でも養子縁組をして養親となれるかどうかという点も、普通養子縁組と特別養子縁組とで異なっている点の一つです。

 すなわち、普通養子縁組の場合、未成年者を養子とする場合であっても、養親となる者に配偶者がいることは必要ではありません。しかし、特別養子縁組の場合、既にお話したとおり、配偶者のない者は養親となることはできません。これは、養子となる者の福祉の観点からは、できる限り両親が揃っていた方が望ましいという考えに基づくものであると言われています。
 


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png