• TOP
  • 相続Q&A
  • 亡くなった父は、資産家で、現金や預貯金、不動産の他に、多数の株式を保有していました。

亡くなった父は、資産家で、現金や預貯金、不動産の他に、多数の株式を保有していました。
 遺産分割にあたって、株式をどのように取り扱ったらよいでしょうか?
株式については、法定相続分に応じて当然に分割されるものではなく、遺産分割が終了するまでは、相続人らによる共同所有の状態になることになります。
 したがって、遺産分割によって株式を分けることが必要になります。

遺産分割にあたっては、まず、遺産としてどのような財産があるのかを把握すること、すなわち、遺産分割の対象となる財産を特定することが必要になります。
 株式については、遺産の中にどこの株式会社の株式がどれだけあるのかを確認することが必要です。

 遺産分割の対象となる財産が特定できたら、今度は、その財産を、相続人の間で分けることになりますが、その前提として、遺産を構成するそれぞれの財産の価値を評価することが必要になります。したがって、株式についても、その価値を評価するという作業が必要になります。上場会社の株式など一般に取引されている株式については、その価値の評価はそれほど困難ではありませんが、取引相場のない非上場株式の場合、その価値の評価には困難が伴います。株式の価格について相続人間で合意できればそれほど問題はありませんが、この点に合意できない場合は、株価の鑑定が必要になるなど経済的にも時間的にも負担が大きいものとなることが予想されます。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png