• TOP
  • 相続Q&A
  • 先日、父が亡くなりました。相続人は、母と、私を含めて3人の子供です。父は自営業をしており、私を含めた3人の子供のうちの長男(私の兄)が父の事業を引き継ぐことになり。事業用を含めた父の財産の

先日、父が亡くなりました。相続人は、母と、私を含めて3人の子供です。父は自営業をしており、私を含めた3人の子供のうちの長男(私の兄)が父の事業を引き継ぐことになり。事業用を含めた父の財産の全てを、事業を引き継ぐ兄が相続するということで話がつきました。
また、父は事業の関係で銀行から借り入れをしていましたが、それについても、事業を引き継ぐ兄が全て返済するということで相続人間で話がつきました。
 もし、事業を引き継いだ兄が銀行への返済を出来なくなったら、私が銀行から返済を求められることになるのでしょうか?
この場合、相談者の方も、銀行からの借入について、法定相続分の割合に応じて返済する義務があることになります。
 
銀行からの借入ということですから、銀行に対して借入金を返済する債務を負っている、すなわち、銀行に対して金銭債務を負っていることになります。
 そして、金銭債務については、法律上当然に相続分に従い分割され、各相続人が相続するとされています。例えば、今回の場合で、銀行に対する借入金債務が1200万円だったすると、相談者の父の死亡により、相談者の母が600万円、相談者を含めた子3人がそれぞれ200万円の債務を銀行に対して負うことになります。したがって、相談者の方も、200万円の限度で銀行に対して債務を負うことになり、銀行から返済を求められれば、それに応じる義務があるということになります。

 なお、今回の場合では、相談者の方の兄が銀行からの借入について全て返済するということで相続人間で合意しているようです。しかし、この合意はあくまでも相続人間でされたもので債権者である銀行の関与なしに行われているものですので、これにより、相談者の方が銀行に対する債務を免れることにはなりません。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png