• TOP
  • 相続Q&A
  • 被相続人とどのような関係にある人までが相続人となるのでしょうか?

被相続人とどのような関係にあるまでが相続人となるのでしょうか
 まず、被相続人の子供は相続人となります。また、被相続人の子供が、被相続人の死亡時に既に亡くなっ

 まず、被相続人の子供は相続人となります。また、被相続人の子供が、被相続人の死亡時に既に亡くなっていた場合には、子供の子供すなわち被相続人の孫が相続人となります。さらに、被相続人の孫が既に亡くなっていた場合には、孫の子供すなわち被相続人のひ孫が相続人となります。この後も、ひ孫が亡くなっていた場合には、やしゃごが相続人となるといふうに続いていきます。

 これらに該当する人がいない場合には、被相続人の親が相続人となります。親が既に亡くなっている場合には、被相続人の祖父母が相続人となりますし、祖父母も亡くなっている場合には、曾祖父母が相続人となるというふうに被相続人の上の世代に相続権が移っていくという形になります。

 これらに該当する人もいない場合には、被相続人の兄弟や姉妹が相続人となります。被相続人の兄弟や姉妹が既に亡くなっている場合には、兄弟や姉妹の子供すなわち被相続人の甥や姪が相続人になります。

 法律で定められている相続の順位は以上のようになっています。

 また、被相続人の配偶者も相続人となります。被相続人の配偶者は、これまでに説明してきた要件に該当して相続人となる人がいる場合には、その人とともに相続人となりますし、そのような人がいなければ、唯一の相続人となります。

 



アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png