• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺産を相続する際に期限は決められているのでしょうか?

遺産を相続する際に期限は決められているのでしょうか?

相続が開始された場合、相続人には、大きく分けて3つの選択肢があります。
一つ目は、資産も債務も含めて被相続人の財産全てを無条件で引き継ぐというものです。これを相続の単純
承認といいます。
二つ目は、被相続人から引き継ぐ資産の限度で被相続人の債務を弁済すると言う条件付きで、被相続人の財
産を引き継ぐというものです。これを、相続の限定承認といいます。
三つ目は、被相続人の財産を一切引き継がないというものです。これは、相続の放棄といいます。

相続人は、自己のために相続が開始されたことを知った時から3か月以内に、相続について単純承認、限定承認又は放棄のいずれかをしなければならないとされています。しかし、この3か月の期間内に、限定承認

もしくは放棄をしなければ、単純承認をしたとみなされることになります。したがって、単純承認をするのであれば、この3か月の期間内に特に何かしなければならないということはありません。これに対して、限定承認や放棄を考えている場合には、この3か月の期間を過ぎないように注意する必要があります。

また、相続を放棄せず、被相続人の財産を引き継ぐことになったため、遺産分割が必要になる場合がありま すが、遺産分割を何時までにしなければならないという制限は特にありません。もっとも、遺産分割をしな

いまま、長い年月が経ち、相続人であった人が亡くなった場合、その相続人のもとでも相続が開始されることになります。そうすると、遺産分割につき利害関係を有する人がそれだけ増えることになるなどして、遺 産分割がしにくくなってしまう可能性もあります。

なお、相続税の申告が必要な場合には、被相続人が死亡したことを知った日の翌日から10か月以内に申告を行う必要がありますので、該当する方はこの点にも注意が必要になります。



アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png