• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺言書は何回も書き直しをしても良いのでしょうか?

遺言書は何回も書き直しをしても良いのでしょうか?

遺言書を作成した後に、状況や気持ちが変わってくることもあるかと思います。

例えば、「相続人Aと相続人Bの相続の割合を変更したい」、というような場合や、「持っていた土地を売却してその分のお金を預金として銀行に預けた」、という場合も考えられますし、遺言に記してある相続人が先に亡くなられてしまうというようなこともあるかと思います。前述のように以前は土地を持っていたけれども今は現金に換えてしまった、などといった場合にはその土地自体は既に他人の財産ですので相続をさせるということは出来ません。さらに、相続させようと思っていた方が先に亡くなられてしまったという場合にもその方に相続させるということはできません。

このように、状況等の変化に応じて、遺言書を作成し直した方が良い場合があります。

そして、新たに遺言がされると、以前にされた遺言は無効になります。また、回数の制限もありません。この意味で、遺言書を何回書き直しても特に問題はないということになります。

ですので、例えば、毎年決まった時期に、今自分が所有している財産の見直しをして、誰にどれくらいを相続させたいかという気持ちと共に遺言書を作成し直すというのも一つの方法ではあります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png