• TOP
  • 相続Q&A
  • 遺留分というのはどのようなものを指すのでしょうか?

遺留分というのはどのようなものを指すのでしょうか?

遺留分というのは被相続人が所有していた相続財産について、その一定の割合の承継を一定の法定相続人に保障するというものです。本来、私有財産制度という制度のもとにおいては被相続人の財産処分は被相続人の自由になっています。しかし、被相続人が亡くなった後の共同生活者の生活利益を保障する、という趣旨から遺留分が認められているのです。そして、遺留分の権利を持っている相続人のことを『遺留分権利者』と呼びます。

この遺留分権利者というのは、兄弟姉妹以外の法定相続人で、配偶者や子、直系尊属(両親や祖父母などを指します)です。このほかには、子の代襲相続人にも遺留分は認められています。

そして、この遺留分は放棄することも可能です。相続が開始する前に遺留分を放棄したいという場合には、家庭裁判所の許可が必要になります。これに対して、相続開始後に遺留分を放棄する場合には家庭裁判所の許可は不要です。また、共同相続人のうちの一人が遺留分を放棄したとしても、その他の共同相続人の遺留分が増加するわけではありません。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png