• TOP
  • 相続Q&A
  • 相続手続きしないでいるとどのような問題が起こりますか?

相続手続きしないでいるとどのような問題が起こりますか?


相続手続きをしないでいると様々な問題に直面する可能性
があります。


◇相続人が財産の処分を自由にできない可能性があります。

 死亡した人が所有していた財産は相続人の財産になります。相続人が複数いる場合はその全員の共有財産になります(ただし、預金債権等のように相続分に応じて分割された権利を各人が取得することになるものもあります)。共有財産の処分については共有者全員の同意が必要
です。そのため、例えば、相続財産の売却について相続人全員が同意している場合でもその全員を売主とする必要が出てくるなど、手続が煩雑になる可能性があります。

 また、預金債権については、自らの相続分に応じた金額の限度で払戻を求めることが法律上は何ら問題ないはずであるにもかかわらず、金融機関が事実上これを拒否し、遺産分割協議書などを提示しないかぎり、預金の払い戻しに応じないという対応をとるというケースもあると言われています。


借金を引き継ぐ可能性があります。
 
 相続とは、不動産や預金といったプラスの財産だけではなく、借金などの債務といったマイナスの財産も引き継ぐことを意味します。

 そして、自らのために相続が開始されたことを知ってから3か月以内に相続放棄等の手続きをしないと、相続することを承認したとみなされてしまいます。

 そのため、相続が開始したことが分かっているのに、これを放置しておくということは望ましくありません。


関係当事者が増える可能性があります。

 相続が開始した後も、遺産分割手続きを行わないままにしておくと、基本的には、相続人全員が遺産を共有しているという状態が続いていくことになります。

 この状態で、相続人の誰かが亡くなると、その相続人についても相続が開始されることになり、その相続人の相続人も、当初の遺産の共有者ということになります。
 このような形で、遺産分割がされないまま、相続が繰り返されていくと、遺産の共有者がどんどん増えていくことになり、後で、遺産分割をしようとしても、関係当事者が増えすぎてしまい、手続きが非常に面倒なものになる可能性があります。


アクセスマップ

弁護士法人 山本総合法律事務所は、県道・高崎渋川線沿い、第一病院そばです。

どうぞお気軽にお立ち寄りください。

0_map.jpg

 

相続・遺言書・遺産分割に関するご相談はこちらから

souzoku banar.png